人生を無駄遣いする事に一生を賭ける アラフォーにして未だ落ち着かない男の汗と涙の記録


by Hi6_funwave

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
サーフィン
食べ物
日常

仲間
フリークライミング
トレッキング
スノーボーディング
無駄遣い
手術
ギター
MTB
震災
ロードバイク
未分類

以前の記事

2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

フォロー中のブログ

【 alife 】 fr...
東北まったり山行記

LINK

ダツリキラボラトリ主宰のブログダツリキラボラトリ

NY在住ヨコハチさんのブログ
ヨコハチ無限

エクストリームなあかひさんのブログ
imagine your line

福島サーフバカ一代QUESTさんの
サーフィンオデッセイ
QUEST SURF BROTHERS

外部リンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

長期インプレッション ダイソン DC12

昨日、サーフィンしすぎて体がバッキバキです。
したがって、今日は休養。
と、思いきや、先ほどホームPで一緒に入っている馬鹿から電話あり、
「波どうなんすか?」と。
いや、オレ行ってないから。 オレに聞くなよな。と。

さて、本題。

Questさんから「Dysonの掃除機って実際どうなんよ?」と聞かれました。
面倒くさいんですが、実際に使用して2年が経過したので、
記録しておくのも良いかと思い、インプレでも書いてみるかなと。

私が使用しているのは、DC12スタンダード(だったかな)
A3の紙の面積に収まるコンパクトな収納性というのが売り文句でした。
はっきりいってコンパクトではないです。(DC10よりはコンパクトですけどね)
しかし、佇まいはいい感じです。
e0070552_72184.jpg

手元のスイッチが無線式です。写真に電池が写っているのが分かりますか?
この手元のスイッチが本体側に電波を送り、本体のモーターが動作します。
有線式でやるとすると、ホースに電線を埋め込まなければなりません。
それをDysonが嫌がったのだろうと想像します。
信頼性が落ちるし、なによりホースを取り外して収納するコンセプトには有線式は
相応しくありません。

TV-CMで非常に吸引力が高いと宣伝されているので、過度な期待をしていたのですが、
実際にカーペットの上を掃除してみて、そんなに吸っている感じはしませんでした。
転がしてみて、ヘッドがビタッとカーペットに吸い付く感じはありません。

ですが、透明なシリンダー(クリアビンと呼ばれる)内部にみるみる溜まるホコリや綿くずは圧巻です。
やはりゴミの吸引力は高いんではないでしょうか。

まぁ、私が使っていく上で気をつけている点 というか気をつけなければならなかった点
を挙げます。

1.ゴミ捨てるのがやや面倒くさい
本体からシリンダー部分を取り外し、さらにタービン部分(サイクロンユニット)を取り外し、
ゴミを捨てるわけですが、紙パック式と比べると面倒なのは確かです。
 私はこの作業が嫌いではないです。
 そもそも紙パック式だと、紙パックこそゴミ増やしてる原因じゃん。

2.シリンダー(クリアビン)に傷がついてしまう
吸い取ったゴミは高速でシリンダー内部を回っています。
したがって、透明なシリンダーはだんだんと傷がついていき、
曇ってきてしまいました。
写真はこのシリンダー部分を外してのクローズアップ写真
e0070552_7334471.jpg


3.水洗いしてはいけないサイクロンユニット
2.で説明したシリンダーの中に入っている黄色いこのユニットがサイクロンユニット
これに無数の穴が空いているのですが、ここにホコリが付着します。
e0070552_7454530.jpg

さらに内部にも
e0070552_746834.jpg

一気に水洗いしたいところですが、水洗いは禁止です。
説明書に書いてあります。
e0070552_7463055.jpg


実際、私は一度水洗いしてやりました。
充分乾燥させましたので、なんら問題はなかったです。
ただ、自分でもやってみようと思う方は自己責任で御願いします。
水が付着していると、モーターに入るのは自明ですんで。

4.ゴミ捨てるときは要注意
ホコリを集める能力は非常に高いです。
したがって、溜まったゴミを捨てるときは物凄くホコリがでます。
私は部屋の中ではやりません。
「お外でゴミ捨て」 これが基本です。

5.爆音、爆風
かなり音はデカイです。結構なボリュームで聞いていた音楽もかき消される勢いです。
後部から排出する空気の量も半端じゃないです。
よって、私は、本体を手に持って掃除してます。
床の上を転がしながら掃除するなんて、やりません。
  せっかく床の上に溜まったホコリが、排出する空気で空中に舞い上がるのは勿体無いでしょう。
  

私が感じた事はAll about Japanのインプレにも書かれていました。
比較的公正に書かれているインプレだと思います。是非、こちらも見てください。


当時の購入価格は7万円超と高価なものでしたが、基本的にかなり満足しています。
価格.comとかで事前にレビューをチェックしていたのも良かったと思います。
短所も含めて、納得してから買ったほうが良い製品です。

シリンダーの中をゴミがくるくると回りながら増えていく姿は、未だに楽しいのです。

オマケ
久しぶりに説明書を読んだら、フィルターの掃除の仕方という記述が・・・
今まで一度も洗ったことなかったんで、洗うことにしました。
e0070552_81748.jpg

[PR]
by Hi6_funwave | 2008-11-30 08:01 | 無駄遣い